興信所による浮気調査で離婚が有利になる!

興信所の浮気調査とは

浮気調査は、興信所や探偵社への依頼で最も多いものです。

浮気調査では、依頼人から対象者の情報を聞いて、これを踏まえながら探偵が尾行を行って、実際にどのような行動を対象者がしているかを調べます。

浮気調査にはいくつかの種類があり、大きく分類すると「法的処置を念頭においた離婚対策のための調査」「浮気の真相を単に調べるのみの調査」があります。

離婚対策のための調査の場合には尾行する以外にも証拠を集めることが必要で、これらの証拠集めを探偵は行います。

浮気相手と対象者の決定的な場面や、浮気相手とホテルから出てくる場面をしっかり撮ることも、探偵がもちろん行う仕事です。

不倫カップルを浮気調査

調査対象者にはもちろん気づかれないように十分に注意して、周りの人からも怪しく思われないようにする必要があります。

浮気調査を行うだけでなく、相手に気づかれないようにしかも確実に行なって、証拠があるとそれを撮る、というように技術が相当必要になってきます。

一般の人が不可能なようなことを行うため当然と言えるでしょう。誰でも可能であれば探偵など必要ありません。

興信所に求められている浮気調査

世の中が移り変わっても、男性の本性というものは変わらないようで、興信所に求められる仕事の中でも、夫の浮気調査は常に上位のランクに入っています。

やはりどうしても、男性は女性よりも浮気をする可能性が高いという調査結果も出ています。

そうした調査の結果の中では、なんと既婚男性の約八割が何らかの形で不貞行為をはたらいた経験がある、というものがあるそうです。

興信所や探偵事務所に夫の浮気調査の依頼が多く来るというのも理解できる社会背景です。

「浮気は男の甲斐性」「不倫は文化」・・・そんな風に言われたりもしますが、やはり家庭にとっては深刻な問題ですよね。

デートする不倫カップル

ほとんどの家庭では、夫である男性が経済の基盤、いわゆる大黒柱を担っているわけですから、浮気が発覚したら即離婚というわけにはなかなかいかないのも現実です。

有名芸能人がすぐに離婚に走ったりするのは、やはりある程度の収入があり、すぐ離婚に走っても、双方あまり困らないという事情もあるのです。

もちろん、その後には泥沼の慰謝料争奪戦が待っていたりするわけですが・・・閑話休題。

一般的な人が離婚を検討する場合、やはり離婚後の生活はどうなるのか、養育費や親権などの問題も含めて、しっかりと考え準備しておく必要があるのです。

checkこちらをチェック

興信所

低料金で後払いの興信所

浮気調査で離婚の条件を有利に

興信所に依頼し、探偵に浮気調査をしてもらうそもそもの目的は、離婚の条件を自分側に有利にすることに他なりません。

不貞行為の具体的な証拠を入手しておけば、仮に法的な争いに発展した場合でも、離婚の際の様々な懸案事項を、より有利かつ好ましい条件にまとめることが可能です。

  • 慰謝料
  • 養育費
  • 親権
  • 財産分与

具体的には、慰謝料の請求、子供がいる場合は、養育費の増額、親権の確保。

さらに財産分与の増額などを目的として定めることが肝要です。

離婚届

そのように考えると、自分のためだけではなく、将来のある子供達のためによりより経済状況を提供するためにも、浮気調査をしておくべきです。

上記のように、円満な(?)離婚のためには、非常に大きな意味を持つ浮気調査ですが、特に難しい手続きを必要とするわけではありません。

興信所に相談し、探偵に動いてもらうことで、すべてを一任することができます。

もちろん、どのような事務所に依頼したらよいかはしっかりと見極めるべきですが、最近はインターネットのWebサイトも多く、信頼出来る興信所、探偵事務所を探しやすくなっています。

「わざわざ探偵を雇うなんて・・・」

世間体もあり、なかなか最初の一歩を踏み出せない浮気調査。ぜひ、勇気を出して、身近な興信所に相談してもらいたいと思います。

checkこちらをチェック

探偵

浮気調査の実績ある探偵事務所